シャント手術

血液透析を開始する前に血液をダイアライザーに効率よく送り出し、きれいになった血液を受け入れる出入り口をつくっておく必要があります。この出入り口をバスキュラーアクセスといいます。
ダイアライザーには毎分200㎖程度の血液を循環させる必要がありますが、これだけの血流を確保できる血管は体表にはありません。深部にある四肢の動脈や中心静脈に週に3日も穿刺して、何年にもわたって継続して使用することは困難です。したがって、人為的に出入り口をつくっておく必要があります。
バスキュラーアクセスにはいくつかの方法があります。代表的なものがシャント(動静脈瘻)です。

シャント(動静脈瘻)

シャントバスキュラーアクセスではもっとも一般的に用いられている方法です。何度も針を刺してもつぶれない血管をつくります。3割ほどの方が3年ほどで再手術や血管拡張などのメンテナンスが必要となりますが、20年以上持つ方もいらっしゃいます。
シャントは一般に、利き腕とは反対の手首あたりにつくります。動脈硬化や糖尿病などのために血管の状態が良くないケースや採血や点滴を繰り返したために血管がつぶれているようなケースでは、肘のあたりにシャントをつくることもあります。

シャントは、動脈と静脈をつなぎ合わせ、動脈の血流がそのまま静脈に流れるようにします。この血流によって静脈が膨らみ、そこに穿刺して血液を取り出します。シャント手術は局所麻酔で30分〜1時間程度で終了し、入院の必要はありません。

手術後、透析で使えるようになるまでに2〜4週間ほどかかります。いいシャントは耳を当てると血流の音が「ザーザー」と聞こえます。指などで探るとザワザワした血流の流れ(これをスリルといいます)を感じることができます。

非カフ型カテーテル

カテーテル緊急の透析を行う必要があるケース、シャントが使用できないケース、シャントが制作できないケースなどに一時的に挿入して透析を行うためのカテーテルです。局所麻酔で太もも付け根の静脈または首の静脈に入れます。一端が2股に分かれていて、その一方から血液を採りだし、もう一方へ戻します。
短時間で挿入でき、毎回針を刺さなくていいという利点はありますが、このカテーテルを入れている間は入院が必要で、感染のリスクがあるため入浴などもできません。また、短期間しか利用できません。

上腕動脈表在化

シャント手術は心臓機能に問題がある方には行えません。そこで、心臓に影響が少ない上腕の深いところにある動脈を透析の穿刺がしやすいように皮膚のすぐ下に持ち上げる手術を行います。
手術は局所麻酔をして1時間ほどで終わります。入院の必要はありません。
透析では入りと出の2本の針を刺す必要があります。血液の取り出しにはこの動脈、返血は表在静脈に行います。静脈がつぶれて使用できなくなると、この方法での透析はできなくなります。

人工血管

シャントや動脈表在化ができなくなった場合には、40cmほどの人工血管を移植してバイパスをつくった上でのシャントが検討されます。人工血管はe-PTFEやポリウレタンなどの素材からできています。前腕部にループ状あるいはストレート状に埋め込みます。腕に移植する場合、局所麻酔で2時間ほどの手術が必要です。ポリウレタン製の血管は三層構造をしていてそれ自体に止血効果があるため移植後24時間で透析に使用することができます。
太ももに人工血管を移植するケースもあります。この場合、腰に麻酔を行い、2週間ほどの入院が必要です。

カフ型カテーテル

体内に留置して使うカテーテルです。シャントが成長するまでの期間、腎臓移植を行うまでの期間に短期的に使われるほか、心臓病などでシャントや人工血管がつくれない患者さんが透析をするために入れるものです。
カテーテルを首から血管に入れ、右ないし左胸に出口をつくります。15cmほどの管が胸からぶら下がる恰好になります。お風呂に入ることはできますが、適切に消毒するなど感染に注意が必要です。平均的な使用可能期間は2年ほどですが、詰まりやすかったり、感染のリスクが高かったりして2~3週間で使用不可になるケースもあります。

TBBAVF上腕尺側皮静脈転位内シャント)

複数回の手術で表在静脈が完全に消滅した患者さんでも、人工血管を使用せず、上腕で 尺側皮静脈を表在化し,肘部で上腕動脈と吻合するTBBAVF、上腕尺側皮静脈転位内シャント(Transposed brachial-basilic arteriovenous fistula)といった手技も施行可能です。当院でも15名の患者さんに行い良好な成績を残しています。

TEL:042-464-1511初めての方へ
一番上に戻る